「さまざまな事業が進んでおらず、あと4年間もこのままなら鳥栖にとって大きな損失」。新人で元市市民環境部次長の槙原聖二さん(54)は火中の栗を拾う覚悟で市役所を退職し、出馬した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加