最高裁

 性犯罪被害への理解を深めようと、最高裁が精神科医の講演録や裁判官との質疑応答をまとめた研修資料を初めて作成し、全国の裁判所に配布したことが17日、分かった。被害者の心理を十分理解していない判決があるとの指摘もあり、性犯罪を厳罰化する改正刑法の成立に伴う国会の付帯決議は、心理学の知見を踏まえた裁判官らへの研修を求めていた。

 強制性交罪は「暴行や脅迫」がなければ成立しないが、被害者側は恐怖から反射的に抵抗できなくなることが多いと指摘。「抵抗しなかったのは暴行、脅迫がなかったためだと認定する判決があるのは、被害者の心理を理解していないからだ」と訴えている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加