埼玉県警が2009年発生のひき逃げ事件で死亡した男児の腕時計を紛失した問題で、捜査を担当していた元警部補(60)が、遺族から時計を押収したとの記載がある文書を破棄していたことが17日、県警への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加