伊万里市の深浦弘信市長を表敬訪問した文芸部門の生徒実行委員ら=伊万里市役所

 今夏、県内で開かれる高校文化部の祭典・第43回全国高校総合文化祭(2019さが総文)の文芸部門生徒実行委員が13日、伊万里市の深浦弘信市長と松本定教育長を表敬訪問した。伊万里高2年の野田こはる委員長(17)と委員の敬徳高1年・中村楓人さん、同・田嶋久輝さん(同)が、大会をPRして協力を求めた。

 野田委員長は「さが総文があるこのタイミングで高校生で良かった。全国から文芸部門に集まる約250人の高校生に伊万里の良さを知ってほしい」と語り、深浦市長は「目標に向かってトライすることが大事。楽しみにしているので頑張って」とエールを送った。

 文芸部門は7月27日から31日まで、伊万里市民会館と市民センターを中心に開かれる。県内の名所を巡り短歌や俳句を詠む「文芸散歩」や作品展示、直木賞作家・原尞さん(鳥栖市)の記念講演などが予定されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加