調理方法などをアドバイスする生産者(右)=佐賀市のアルタ開成店

 生産者が自慢の逸品を自ら消費者に届ける販売会が16日、佐賀市のスーパー「アルタ開成店」であった。市内の五つの業者がみずみずしい野菜やトマトジャムなどの加工品を並べ、買い物客と向き合い販売した。17日まで。

 佐賀市特産物振興協議会が昨年に引き続き「佐賀市地産地消フェアinアルタ」として開いた。店内に設けられたブースには、トマトやサトイモなどの農産物のほか干し柿、アスパラガスを使ったロールケーキなどの加工品がずらり。

 小城市から訪れた学校給食調理員の今泉圭子さん(50)は「食材がどんな料理に合うのか生産者から聞くのが楽しい。何より作っている人の顔が見えるのは安心」と話した。17日は午前10時半から午後5時半まで開く。

 出店者は次の通り。※( )内は16日のみ。

 ▽ゆっこ農園▽川浪農園▽友幸素舎▽三瀬村地場産品振興部会(▽むぎわらや出荷組合)

このエントリーをはてなブックマークに追加