【シドニー共同】新たに創設されたセーリングの国別対抗戦、グランプリ(GP)シリーズ開幕戦最終日は16日、シドニーで参加全6チームによる残り2レースと総合上位2チームによるマッチレースが行われ、日本はマッチレースでオーストラリアに敗れて準優勝だった。前日の3レースで総合首位に立った日本は第4レースで2位、第5レースで3位。総合2位でマッチレースに進んだが、序盤に生じた差を最後まで埋めることができなかった。

 吉田雄悟(唐津西高出身)「可もなく不可もなくという感じだが、チームにとって第一歩を踏めたのかなと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加