県内一周駅伝2日目の16日、大会の常連だった祖父や父親の背中を追って練習を重ねている中学生が粘りの走りを見せた。杵島郡の廣滝拓音選手(15)=白石中3年。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加