日本ハム ドラフト5位新人の柿木(多久中央中ー大阪桐蔭高)が紅白戦で先発し、1回を三者凡退に抑える完璧な投球を披露した。最速144キロの直球を軸に浅間、松本、王柏融の3人を危なげなく打たせて取り「ストライクで押していけたのは今後につながるかなと思う」と及第点をつけた。

 昨夏の甲子園大会決勝で対戦した吉田輝(金足農高)との投げ合いにも「(先に)輝星が投げたのを見ることができたので、気合を入れた」と緊張を感じさせない堂々の投球。「自分のアピールポイントを出して、少しでも1軍に近づけるようにしたい」と力強かった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加