鳥栖-福岡 後半、同点ゴールを決める鳥栖DF高橋祐(右)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 前日にタレントの高城亜樹さんとの入籍を発表したサガン鳥栖DF高橋祐治が自ら祝砲を挙げた。昨季飛躍を遂げたセンターバックは「昨年は1点だったので、今年はもっとスコアにもこだわっていきたい」と攻撃面での貢献も誓った。

 1点を追う後半、CKの流れからFWクエンカのクロスを遠いサイドで待ち構え、頭で豪快に決めた。プレシーズンはけがの影響もあり、90分通しての出場は今年初めてだったが、「良い準備ができている」と自信をのぞかせた。

 「つなぎの面などでミスも出た。もっともっとコンディションを上げないといけない」と高橋祐。「とにかく勝つことにこだわりたい」と1週間後に迫るホーム開幕戦を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加