■唐津西

 宮崎 聖大(みやざき・まひろ)はかま姿がかっこいいと弓道部に入部。自分との戦いの厳しさを実感しつつ主将として県優勝に導いた。化学の分野から医療に関わりたいと国立大理系を目指す。唐津市佐志。

 信國 翔太(のぶくに・しょうた)春から唐津市職員に。難聴の障害者手帳手続きで訪れた市役所で生き生き働く車いすの職員を見かけたのがきっかけだった。硬式テニス部の毎日の練習も思い出。唐津市相賀。

 坂本 周予(さかもと・ひろよ)野球部マネジャーとして部員や後輩と関わる中で人との接し方を学んだ。その経験は看護師への志となり、福岡看護大に進学する。日々の学習を怠らないと誓う。唐津市町田。

 岩本 航太朗(いわもと・こうたろう)野球部キャプテンとして悔しさも喜びも分かち合ったことが最大の思い出。将来、人が温かい唐津で地域の活性化に貢献したいと、国立大文系に挑む。唐津市肥前町。

 田中 侑李(たなか・ゆうり)小学5年から同級生とバンドWISDOMで活動。東京や韓国でも演奏し勇気と自信を持てるように。西南学院大英文学科に進学。世界を視野に英語力を高める。唐津市相知町。

 中山 由菜(なかやま・ゆな)ヨット競技で活躍し、国体優勝など輝かしい実績を残した。師と仰ぐ重由美子さんの遺志を継ぐべく日本大スポーツ科学部に進学。パリ五輪を目標に競技を続ける。(唐津市鏡)

 瀬戸口 楓子(せとぐち・ふうこ)祖父、父と受け継ぐ道場で3歳から空手道を習い県総体個人形で優勝。衆人注視での演武は精神面の強さに。福岡の私大に進み、叔母のような警察官を目指す。唐津市西旗町。

 

■佐賀女子

 芳賀 愛美(はが・あいみ)バドミントン部主将。九州総体はV2を逃すも団体3位。「一つの目標へ同じ気持ちになれた」。帝京大福岡医療技術学部看護学科に進み、看護師を目指す。福岡県大川市。(普通科)

 山口 未葵(やまぐち・いまき)ソフトボール部主将で全国総体3位。同志社大スポーツ健康科学部に進み、体育教諭を目指す。「周りの支えで自分がいる。感謝を忘れず頑張りたい」。佐賀市新栄東。(普通科)

 田島 知奈(たしま・ちな)合唱部部長、全国大会で金賞に。歌の技術を一番に習得して部を引っ張った。福岡教育大に進み、「音楽の楽しさを伝えられる音楽教諭になりたい」。伊万里市脇田町。(普通科)

 山田 菜美(やまだ・なみ)ソフトボール部。全国総体では打撃で部に貢献した。「多くの人が元気になる食事を作りたい」。管理栄養士を目指し、中国学園大現代生活学部へ。佐賀市新栄東。(食物科)

 榎本 夕菜(えのもと・ゆうな)新体操部副将。県総体で優勝し、諦めないことを学んだ。「縦横のつながりが強い、温かい学校だった」。東京女子体育大体育学部でも日本一を目指す。佐賀市西魚町。(普通科)

 久保田 ゆきの(くぼた・ゆきの)空手道部主将。個人で全国総体出場。「厳しい練習に耐え、メンタルが強くなった」。衛生看護専攻科に進み、「信頼される看護師」を目指す。佐賀市兵庫北。(衛生看護科)

 炭屋 もも(すみや・もも)生徒会長。生徒会新聞の発行を増やし、生徒の意見を積極的に取り入れた。「みんなの笑顔を近く感じるようになった」。多摩美術大絵画学科に進む。佐賀市水ケ江。(普通科)

このエントリーをはてなブックマークに追加