2018年5月に行われた大綬章の親授式=宮殿・松の間

 政府は今春の叙勲の発令日を例年の4月29日から繰り下げ、5月1日の新天皇即位後とする方向で調整に入った。今の天皇陛下が在位中に裁可されて発令しながら、代替わり後の5月の親授式で新天皇が授与されるのは望ましくないと判断した。発令日の延期は現行制度になった1964年以降で初めて。1回限りの例外措置とし、今月中にも日程変更の閣議了解を行う。政府関係者が16日、明らかにした。

 政府は78年に閣議了解した「勲章および文化勲章各受章者の選考手続き」で「春の叙勲は4月29日に発令する」と規定している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加