(C)関西テレビ

 大阪のある小学校を舞台にした映画「みんなの学校」の上映会が、3月2日10時から、太良町のたら竹崎温泉旅館「夜灯見荘」である。学習に支援が必要かどうかに関わらず、全員が同じ教室で学ぶよう取り組んでいる学校を通して、あるべき公教育の姿を問いかける。

 大阪の大空小学校が目指すのは「すべての子どもに居場所のある学校を作りたい」。特別支援教育の対象となる子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学ぶ。子どもたちの日々のほか、共に歩む教職員や保護者の苦悩や戸惑い、よろこびをありのまま映す。

 参加無料。希望者は昼食&語ろう会にも参加できる(昼食は有料)。無料託児あり(未就園児のみ)。

 申し込みはインターネットの特設フォーム(http://goo.gl/forms/zMvseTdmsq0mnF1D2)から。問い合わせはさが地域ッズサポーター小野さん、電話080(3975)0233。

このエントリーをはてなブックマークに追加