■神埼清明

 志岐 勇紀(しき・ゆうき)硬式テニス部で「遅くまでボールを追いかけた」ことが思い出に残る。「目立たなくても、感謝される看護師」を目指して、西九州大で学ぶ。神埼市神埼町。(人文教養系列)

 山口 碧音(やまぐち・あおい)美術部に所属。「散歩で弟が池をのぞく様子」を描き、県総合文化祭で特選を受賞した。久光製薬に就職し、仕事に全力を注ぐ。鳥栖市平田町。(食品科学系列)

 中島 遥香(なかしま・はるか)何気ない会話で友人と笑い合った日々が心に残っている。戸上化成に就職し、「早く仕事を覚えて、信頼される社会人になりたい」。吉野ヶ里町。(情報ビジネス系列)

 長坂 康正(ながさか・こうせい)思い出に残るのは介護実習。「自分で考えて行動するようになった」。武雄看護リハビリテーション学校へ進み、理学療法士を目指す。佐賀市兵庫南。(生活福祉系列)

 石橋 侑也(いしばし・ゆうや)「新体操に全力を注いだ高校生活だった」。3年時は主将として全国総体2連覇を達成した。ブリヂストン鳥栖工場に就職する。神埼市神埼町。(健康スポーツ系列)

 佐藤 裕香(さとう・ゆうか)ハンドボール部主将で全国総体1勝。社会人としてもプレーを続け、「国体に出場して活躍したい」と燃えている。トヨタ紡織九州に就職。神埼市千代田町。(健康スポーツ系列)

 宮崎 琢総(みやざき・たくみち)「未来さが農業塾」などで意欲的に農業を学んだ。「県内で有名な農家になる」ことを目標に、県農業大学校に進み、知識と技術を高める。鹿島市。(みどり系列)

 

■唐津青翔

 山崎 咲良(やまさき・さくら)卓球部副キャプテンと勉強を両立。優しく笑顔で接してくれた保育士にあこがれ続け、ピアノも練習。夢は職場体験で確信となり、西日本短大保育学科に進学する。玄海町。

 山下 廉太(やました・れんた)部員不足の相撲部から1カ月でいいからと頼まれ、練習しているうち本気に。持ち前の明るさで、県総体2位の原動力となった。日本郵便九州支社に入社する。唐津市枝去木。

 上田 真哉(うえだ・まなや)野球部に入ったが、3年生が卒業すると部員は5人だけ。試合もできなかったが、キャプテンとして仲間を集め県大会に出場。ものづくりが好きで、名村造船所へ。唐津市肥前町。

 丸尾 江里奈(まるお・えりな)韓流ドラマが好きな母の影響で小学生から韓国語を学び、スピーチコンテストで特別賞を受賞。日韓の懸け橋にと長崎短大国際コミュニケーション学科に進む。唐津市海岸通。

 坂本 健二朗(さかもと・けんじろう)3年間皆勤を通し、2年時は他校との合同チームだった野球部を単独チームへとリード。就職は福岡も考えたが、ものづくりの喜びをと地元ワイビーエムに。唐津市和多田。

 青木 美知佳(あおき・みちか)生徒会副会長の傍ら漢字、被服、ビジネス実務の資格を取り、美術分野でも賞を重ねた。修学旅行でホテルスタッフの対応に感動し唐津シーサイドホテルに入社。唐津市肥前町。

 大石 楽十(おおいし・がくと)小学生の時からプロの漫画家が夢。美術部で受賞を重ね、体育祭バックアーチの責任者も。簡単ではないが夢を絶対にかなえたいと、九州産業大造形短大部に進学。玄海町。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加