佐賀地裁

 佐賀県議の自民会派1人の政務活動費に約574万円の違法な支出があったとして、県知事に返還請求をするよう求めた住民訴訟の判決で、佐賀地裁(達野ゆき裁判長)は15日、訴えの一部を認め、3万6千円の返還を同会派に求めるよう命じた。研修会後の食事会の費用に充てたのは、県議会が定めた手引に違反すると判断した。

 原告は鹿島市と佐賀市の住民25人で、土井敏行県議の支出を巡り争った。

このエントリーをはてなブックマークに追加