「拳を握ったり、息をのんだり…。競り合いのプレーには自然と力が入る」。ハンドボールの魅力をこう表現する。

 福岡県みやま市出身。高校卒業後、建設会社で働き、4年前に神埼市役所に入った。学生時代は卓球に打ち込み、ハンドボールは見たこともなかったが、商工観光課に配属されたことが転機になった。

 市民応援デーで会場へ。間近で試合を見ることができ、「会場の一体感がすごかった」と振り返る。その後はホーム戦をよく見に行くようになったという。

 イチ押しは、得点を量産する韓国代表の金東喆(キム・ドンチョル)選手。「ズバッと決まるシュートは見ていて気持ちがいい」。16、17日はホーム2連戦で、「粘り強く戦い勝ってほしい。ドンチョル選手のシュートに期待したい」と力を込める。

このエントリーをはてなブックマークに追加