【きょうの催し】

 世界につながるSAGA写真展(24日まで、武雄市武雄町の武雄市図書館)◆おひな様作品展(17日まで、佐賀市北川副町の手づくり工房雅)◆第59回郡市対抗県内一周駅伝大会(17日まで、基山~嬉野~唐津~佐賀)

 

【講演会】

 ◆おぎの未来デザイン

 (16日13~16時、小城市小城町のゆめぷらっと小城)市民協働のまちづくりを目指し小城市が企画する市民活動推進イベント。京都市のシンクタンク「有限責任事業組合まちとしごと総合研究所」の東信史代表が講演、市民一人一人ができることを考え、まちづくりにつなげるヒントを探る。参加無料。

 東さんは1985年小城市生まれ。リクルートでスクール事業の広報や経営戦略の企画営業を担当、2015年から市民などの共同出資で設立した同研究所に参画。当日は市民団体の活動を紹介するブースも設ける。小城市市民活動センター、電話0952(37)8861。

 

【展覧会】

 ◆ローズキルト・パッチワーク展

 (16、17日、唐津市浦のフレックス唐津ハウスエキスポ)市内在住の石崎佐代子さんと加藤淳子さんが手作りのタペストリー、バッグ、ポーチ、和小物など70点を展示、販売する。電話0955(74)5500。

 

【告知板】

 ◆Webマーケティング戦略

 (15日15時~、佐賀市白山の市市民活動プラザ)市民団体などがWebやSNSを使い情報発信する上でのこつを教える。講師はマーケティングコンサルタントや文科省広報戦略アドバイザーとして活動する加藤たけしさん。参加無料。定員30人。15~17時が基礎編で、18時半~21時は実践編。どちらかのみの参加も可能。申し込みや問い合わせは市民活動プラザ秋山さん、電話0952(40)2002。

 ◆安全運転サポート車体験会

 (16日13時~、大町町の大町自動車学校)自動ブレーキや誤発進防止装置がついた車の運転を、自動車学校のコースで体験できる。機能の説明などもある。希望者は同校に事前に申し込む。電話0952(82)3231。

 ◆第123回佐賀裸婦デッサン会

 (16日13時半~16時半、佐賀市天神のアバンセ2階音楽スタジオ)クロッキーを主として2時間半、プロのモデルを招いて開く。指導者はなく、2分10回、3分7回、5分4回、10分2回、20分1回。会費2000円。

 ◆第60回佐賀市民坐禅会

 (17日9時半~11時半、鳥栖市本鳥栖町のサンメッセ鳥栖3階和室2)「生き生きとした心を育む」を目当てに、正しい座禅の仕方と心を静める呼吸法を実践するほか、禅について学ぶ時間も設ける。資料代500円。

 ◆隣人祭りinくらし塾

 (17日11~14時、佐賀市高木瀬町のリユースショップ「くらし塾」)リユース品販売の傍ら、来店客に茶を振る舞い交流の場を設ける「隣人祭り」を毎月第3日曜日に開いている。イベントで発生した売り上げの一部は東日本大震災の被災地へ寄付する。

 ◆余剰物資無料譲渡

 被災地で捜索救助や災害支援に当たる「空飛ぶ医師団」を運営しているNPOアジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン、佐賀市)は、食器用洗剤や洗濯洗剤などを県内の社会福祉施設に無料で譲渡する。対象品は、熊本地震による外箱の破損などで販売できなくなった商品を譲り受け、佐賀市内で保管していた災害用支援物資のうち、一般からの寄付でも集まりやすい物。

 申込受付は15~28日。受け渡しは3月5日13~17時。申し込み状況で在庫が無くなり次第締め切る。無料譲渡の対象となる物資の確認や申し込みは、A-PADジャパンのホームページ(http://a-padj.org/)で。問い合わせは同NPO後藤さん、電話0952(20)2900。

 

【感染症】(4~10日)

 報告数の多い疾病は(1)インフルエンザ=691件(2)感染性胃腸炎=104件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=34件(4)手足口病=28件(5)伝染性紅斑=22件(数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加