全国少年柔道大会に佐賀県代表として出場する伊心館の選手ら=伊万里市の伊万里署

 伊万里警察署の道場で練習している少年柔道クラブ「伊心館」が、5月に東京都で開かれる全国少年柔道大会に佐賀県代表として出場する。県予選で初優勝を果たして大舞台の切符をつかんだ選手たちは、「まずは初戦突破」を目標に稽古に打ち込む。

 伊心館は伊万里市や隣の長崎県松浦市福島町などから小学生が集まり、警察官らの指導を受け、週4日練習している。3日に佐賀市で開かれた県予選は18チームが出場。伊心館は準決勝、決勝で「格上」と見ていた強敵を次々と破り、頂点に立った。古賀良二監督(59)=里駐在所勤務=は「正直、そこまで力があるとは思わなかったが、気持ちが相手を上回っていた」と目を細めた。

 5日には原田崇署長に全国大会出場を報告した。原田署長は「周囲への感謝の気持ちを忘れず、大きな目標に向かってこれまで以上に努力してください」と激励した。

 東山代小5年の赤石翼君(11)は「全国大会でもみんなの力を合わせて勝ち上がっていきたい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加