原子力防災訓練の改善点を佐賀県に申し入れた「さよなら原発!佐賀連絡会」の豊島耕一代表(中央)=県庁

 反原発団体の「さよなら原発!佐賀連絡会」(豊島耕一代表)が14日、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の重大事故を想定して2日に実施された佐賀県原子力防災訓練について、県に改善を申し入れた。

 内閣府の担当部署が施設の計画停電を失念し、テレビ会議に参加できなかったことを受け、関係機関が情報伝達に必要な非常用電源を備えているか確認するように求めた。また、県として国からの連絡が途絶えた場合の対応手順を設けているかを質問した。

 対応した県消防防災課の職員は既に内閣府に改善を求めたことを説明し、「要望内容は知事に報告し、文書で回答する」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加