東シナ海の海上交流と九州を中心とした弥生文化との関係を探るシンポジウムが9、10の両日、佐賀市天神のアバンセで開かれる。 立命館大学環太平洋文明研究センターが主催。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加