正月に飾る盛り花作りが、吉野ケ里町の三田川児童館であった。小学生15人が新年を彩る松竹梅の飾りを完成させた。 児童館運営委員で造園一級技能士の大川美佐子さんが講師を務め、約50センチの盛り花を作った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加