横転したトレーラー。別のトレーラーに載せて移動=2月14日午前7時ごろ、武雄市北方町の事故現場

 14日午前2時20分ごろ、佐賀県武雄市北方町大崎の国道34号で、約25トンの橋桁を積んだ大型トレーラーが横転した。けが人はなかった。トレーラーなどの撤去作業のため、北方中央交差点-武雄インター南交差点の区間は午前5時55分ごろから全面通行止めとなった。約2時間後に解除された。

 武雄署によると、現場は片側1車線で、男性運転手は「バイパスを右折し終えて直進に戻った時に、台車が傾いて横転した」と話している。トレーラーは長崎方面に向かっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加