東京で配布するバレンタインデーにちなんだノリ(佐賀県提供)

 「義理より海苔(のり)」-。佐賀県は14日、バレンタインデーにちなんだメッセージ入りの県産ノリ「佐賀海苔」を東京・渋谷で配布する。首都圏での認知度アップや販売促進を狙い、出勤中のビジネスマンらにチョコの代わりにノリを贈ってPRする。

 メッセージは8種類で、チョコと比較して「こっちはずっと昔から口どけで勝負してきた」「ビター感よりビタミン感」などとユーモアを交えてまとめている。ノリは全形サイズ(縦21センチ、横19センチ)で、渋谷モヤイ像付近で午前7時半から1千枚を配布する。

 昨年1月は東京の大学入試センター試験の会場周辺で、応援メッセージ入りの佐賀海苔を受験生に配った。

 今回はビジネスマンがターゲットで、県流通・通商課の担当者は「佐賀から本命、本物の味をプレゼントし、15年連続生産量、販売額日本一を知ってもらいたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加