17日投開票の鳥栖市長選は、新人で元市市民環境部次長の槙原聖二氏(54)と、4選を目指す現職の橋本康志氏(63)の無所属2人が、市勢のさらなる発展に向けた手だてなどをテーマに論戦を繰り広げている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加