宮崎 悠平(みやざき・ゆうへい)生徒会長としてリーダーシップを発揮し、新聞部部長として見聞を広めた。「再生エネルギー関連で起業し、佐賀に貢献したい」。国立大文系志望。鳥栖市弥生が丘。

 江島 有紀(えじま・ゆうき)成績優秀。模試ではほぼ校内トップを守った。ESS部に所属し英検準一級にも合格。国立大文系を志望し「興味のあることを勉強し将来やりたいことを見つけたい」。みやき町。

 中尾 文治(なかお・ぶんじ)野球部エースとして活躍。2年時の夏は準優勝した。「勝って、県営球場で全力で歌った校歌がいい思い出」。佐賀で教員になることを目指す。国立大文系志望。鳥栖市藤木町。

 森 光輝(もり・こうき)理系を中心に好成績を収めた。バレーボール部のエースアタッカーで2、3年時は県総体ベスト4。模範競技者賞受賞。「建築を学びまちづくりをしたい」。国立大理系志望。上峰町。

 加治 侑樹(かじ・ゆうき)理系トップの成績で、英語のディベート県大会で2位に。努力家でもあり、将来の夢は薬剤師。「勉強に全力投球した3年間。充実していた」。国立大理系志望。鳥栖市江島町。

 田中 陽和(たなか・ひより)バスケットボール部主将で学習にも積極的に取り組んだ。「生物について学び、食や医療などの分野で社会に役立つものを開発したい」。国立大理系志望。鳥栖市田代大官町。

 下川 紗季(しもかわ・さき)放送部部長。朗読やラジオドラマ制作に励み、NHK全国高校放送コンテストに出場した。「CMや映画の制作に携わりたい」と立命館大映像学部へ進学する。鳥栖市弥生が丘。

このエントリーをはてなブックマークに追加