丸田 将太郎(まるた・しょうたろう)野球部主将で4番捕手としてチームを引っ張った。「仲間と楽しく野球ができた」。体育祭では応援団長を務めた。長崎キヤノンに就職。伊万里市大坪町。(森林工学科)

 山口 龍聖(やまぐち・りゅうせい)生徒会長。誰からも慕われる性格で、周囲の信頼は厚い。奈雅井に就職。「社会人として経験を積み、いずれは自分で会社を持ちたい」。伊万里市瀬戸町。(森林工学科)

 木寺 雄大(きでら・ゆうだい)県学校農業クラブ連盟の会長を務めた。「重責を担うのはきつかったけど、いい体験になった」。佐賀県庁に就職。農業の発展に尽力していく。有田町。(生物生産科)

 西田 寧々(にしだ・ねね)女性部員が少ない剣道部で、男性に交じって厳しい練習に耐え抜いた。佐賀女子短大こども未来学科に進学。幼い頃からあこがれていた保育士を目指す。有田町。(生物生産科)

 山下 夏凜(やました・かりん)。祖父が繁殖牛農家で、経営を引き継ぐための努力を続けた。修学旅行が楽しい思い出。県農業大学校に進む。「経営規模をもっと大きくしたい」。武雄市山内町。(生物生産科)

 奥村 慶(おくむら・けい)成績優秀。女子バスケ部のマネジャーを務め、細かい所まで目配りしてチームを支えた。文化祭ではダンスを披露した。春日井製菓に就職。伊万里市立花町。(食品化学科)

 本山 侑生(もとやま・ゆうき)県農業クラブの役員。幼い頃にぜんそくを抱え、体は強くないが、学校は1日しか休まなかった。西九州大看護学部に進学。養護教諭を目指す。伊万里市二里町。(食品化学科)

このエントリーをはてなブックマークに追加