競り合いを制して優勝したヒラボクラターシュ(手前)=佐賀競馬

 佐賀競馬の重賞レース「第46回佐賀記念」(Jpn3、2000メートル、1着賞金2300万円)が11日、鳥栖市の同競馬であり、佐賀競馬で期間限定騎乗中の山本聡哉騎手=岩手=が騎乗した3番人気・ヒラボクラターシュ(JRA)が2分5秒7で優勝した。

 サラブレッド系4歳以上による中央、地方の交流レースで、11頭(JRA5、佐賀3、兵庫2、笠松1)が出走した。2着にクビ差で5番人気のリーゼントロック(JRA)、3着には8馬身差で単勝1番人気のテーオーエナジー(同)が入った。

 福永祐一騎手に代わって急きょ騎乗した山本騎手は「信じられない気持ちでうれしい。福永騎手から馬についても教えてもらい参考になった」と話した。払戻金は単勝560円、3連単1万6740円。

このエントリーをはてなブックマークに追加