国土交通省は8日、踏切での事故や渋滞を減らすため、自治体や鉄道会社に2020年度末までの改良を義務付ける踏切として、佐賀など22都道府県の176カ所を追加指定した。都道府県別では大阪の40カ所が最多で、東京の30カ所、京都の16カ所が続いた。指定は4回目で、累計千カ所となった。

 県内では唐津市の松岡踏切(JR筑肥線、唐津線)の1カ所が指定された。

 踏切道改良促進法に基づく指定で、今回は近くに福祉関連の施設があり、高齢者や障害者が利用する踏切が多い。

 指定された踏切では、自治体や鉄道会社が地域の実情に応じた改良策を検討、歩道の拡幅や迂回(うかい)路の整備、立体交差化などの対策を進める。工事に時間がかかる場合は、20年度末までに改良計画を立てれば、完了が21年度以降にずれ込むことも認める。

 国交省によると、過去3回に指定した824カ所の踏切のうち、18年3月末時点で251カ所の対策が完了、96カ所で工事を進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加