■自分らしい花 器に咲かす 可憐ではかない花の命を器に閉じ込め、永遠の命を与える。絵付け師の仕事はそういうことかもしれない。器に描かれた満開の桜は一足早く春を感じさせてくれる。花を描き続けて45年。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加