子ども学部開設10周年の歩みを振り返る福元裕二学長=佐賀市神園の西九州大

 西九州大学の創立50周年と、子ども学部開設10周年を祝う記念式典が11日、佐賀市神園の同大佐賀キャンパスで開かれた。同学部の卒業生ら約100人が参加。これまでの歩みを振り返るとともに、地域に密着し、教育保育をさらに充実させていくことを誓った。

 式典で福元裕二学長は「子ども学部はこの10年で教育課程などが充実し、教員採用試験の合格者も年を追うごとに増えている。教育保育現場での卒業生の活躍が大学の評価につながっており、誇りに思う」とあいさつした。髙尾兼利学部長は、来年度から幼稚園教諭専修免許が取得できる課程を新たに設置することを挙げ、「これからも社会に貢献できる人材を育て、地域とともに成長していく」と決意を述べた。

 式典のほか、「子どもと表現」をテーマにしたシンポジウムや、ズッカーマン明子さんによるパントマイム、卒業生との交流会が行われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加