■無の境地信念の細線 初夏を迎えた「秘窯の里」大川内山。風物詩となった風鈴の涼しげな音色が響く仕事場で、細い陶筆を握り、一心不乱に線を入れる。繊細な線が優美な花を浮き立たせていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加