■鍋島の名品の域に挑戦 中学生の時、父秀二さん(89)が「大秀窯」を開き、帰宅後に手伝いを始めてから約40年になる。ろくろから上絵まで鍋島の伝統を追求してきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加