体力向上に積極的な取り組みをしたとし、学校を代表して表彰を受けた先生と子どもたち=県庁

 子どもの体力向上を目的に佐賀県が取り組む「スポーツチャレンジ」で優秀な成績を残した小学校への表彰式が8日、県庁で行われた。

 普段は体を動かす機会が少ない児童にも運動に親しんでもらおうと、県教委が2013年から取り組んでいる。縄跳びの8の字跳び、ドッジボールラリー、連続馬跳びなど、誰でも挑戦しやすい7種目を設定し、各校がクラス単位で参加する。

 本年度は県内の小学校102校(約1万2500クラス)が参加。各種目で最も好成績を残したクラスに「スポーツチャレンジ賞」を、挑戦頻度が多かったクラスに「スポーツチャレンジエントリー賞」を表彰した。

 県教委の白水敏光教育長は「運動を通してクラスの皆で助け合う大切さを学べたと思う。笑顔あふれる元気な子どもたちに育って欲しい」とあいさつした。スポーツチャレンジエントリー賞を受賞した二里小(伊万里市)6年の前田百合華さん(12)は「悩んだ時期もあったが、助言やかけ声で記録を伸ばすことができた」と喜びを語り、「一つの目標に向かってみんなで懸命に取り組む大切さを学べた」と話した。

 受賞校と記録は以下の通り。

 【スポーツチャレンジエントリー賞】(1)二里小(2)名護屋小(唐津市)(3)東原庠舎中央校(多久市)

 【スポーツチャレンジ賞】8の字とび(1)新栄小6年1組(佐賀市)495回▽ドッジボールラリー(1)芦刈小2年1組(小城市)155回▽みんなで輪くぐり(1)芦刈小2年1組6・5秒、マラソン選手にちょうせん(1)若木小6年1組(武雄市)1時間54分18秒▽れんぞく馬とび(1)湊小5年1組(唐津市)45・9回▽握力(1)佐志小6年2組(同)26・9キロ▽たてわりでちょうせん8の字とび(1)武内小6班B(武雄市)248回(2)中川副小6班(佐賀市)246回(3)西川登小1・2班(武雄市)243回

 【敢闘賞】湊小3年1組=ドッジボールラリー127回

 【体力・運動能力調査優良校】平原小(唐津市)大山小(有田町)三田川小(吉野ヶ里町)

このエントリーをはてなブックマークに追加