伊万里市の波多津小(西山太佳子校長、90人)の児童が、がん患者との交流を通して「生きる」ことを考えている。岐阜県に住む岡本記代子さん(46)と手紙のやりとりでつながり、先日初めて顔を合わせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加