終活ノートを手に来場を呼び掛ける町老人クラブ連合会の池田陸次会長(左)と町ボランティア連絡協議会の今村安伊子会長

 お年寄りに有用な情報を集めた「支え愛有田―高齢者知って得する祭」が17日午前10時~午後1時、有田町南原の町福祉保健センターで開かれる。高齢者団体の活動や生活支援サービスの紹介、介護用品の展示などがある。

 町内の高齢者やボランティアの団体でつくる町生活支援体制整備推進協議会が初めて開く。老人クラブなどの活動発表のほか、生活支援サービスとして宅配弁当、緊急通報システム、デマンドタクシーなど地域公共交通を紹介する。

 行政相談は介護、認知症、独居の悩みを受け付ける。先着100人には終活ノートを贈る。佐賀大リハビリ専門職による歩き方チェックも無料で受けられる。

 同協議会は「地域で楽しく誇りを持って過ごせる情報を集めた。ボランティアに興味のある人もぜひ来場を」と呼び掛けている。問い合わせは町社協、電話0955(41)1315。

このエントリーをはてなブックマークに追加