■伊万里商

 岩永 未夢(いわなが・みゆ)難関の日商簿記2級を取得。文化祭の劇でアイドルに扮(ふん)して踊ったのが楽しかった。九州電力に就職。「自立した大人になる」。伊万里市東山代町。(商業科)

 岸川 真生(きしかわ・まい)ホッケー部の主将、GKとしてチームをけん引した。高校最後の大会で全国の舞台に立てたことが思い出深い。聖泉大人間学部に進学し、競技を続ける。武雄市若木町。(商業科)

 崎田 あゆむ(さきた・あゆむ)体育祭で副団長を務め、仲間と頑張ったことがいい思い出。日商簿記2級を取得。デンソーに勤める。「社会に出ても充実した日々を送りたい」。伊万里市大川内町。(商業科)

 松本 侑士(まつもと・ゆうし)何事にも手を抜かない頑張り屋で、学業は常にクラストップ、剣道部では主将を務めた。ものづくりの仕事に興味があり、マツダに就職する。伊万里市山代町。(商業科)

 松永 尚真(まつなが・しょうま)高校で簿記に出合い「勉強が楽しくなった」。性格も前向きになり、生徒会副会長を務めた。長崎県立大経営学部に進学。公認会計士を目指す。伊万里市大坪町。(商業科)

 金子 文汰(かねこ・ぶんた)生徒会長として学校行事の企画運営に奔走。「人と話すことが苦手ではなくなった」。長崎大経済学部に進学。ベンチャー起業家を目指す。伊万里市山代町。(情報処理科)

 前田 侑那(まえだ・ゆうな)校外活動に積極的に参加し、海外研修にも行った。学業や学校行事にも全力で取り組み、「あっという間の3年間だった」。イズミに就職。伊万里市南波多町。(情報処理科)

定時制

 羽山 結衣加(はやま・ゆいか)両親が介護士で、同じ道を歩みたいと勉強に励んだ。介護を学ぶ専門学校に進学する。「作業療法士の資格を取り、いつかは親と一緒に働きたい」。伊万里市大坪町。(商業科)

 栫井 美鈴(かこい・みすず)リーダーシップに優れ、休眠中だったバレー部を復活させた。県高体連の模範競技者表彰を受けた。洋菓子店に就職。「母に恩返しをしたい」。伊万里市立花町。(商業科)

 

■鳥栖工

 木村 美晴(きむら・みはる)ラグビー部に所属。昨年12月には西日本代表として、目標の大阪・花園で東日本代表と試合して勝利し「一番の思い出に」。日本たばこ産業に就職。福岡県小郡市。(機械科)

 大石 ひかり(おおいし・ひかり)ソフトテニス部主将。3年間皆勤し、技能士3級などを取得した。トヨタ自動車への就職が決まり、「職場を引っ張っていけるような人になりたい」。福岡県小郡市。(機械科)

 山本 拓海(やまもと・たくみ)バスケット部に所属。中学のとき聞いた講演をきっかけに消防士を目指し、見事に鳥栖・三養基地区消防事務組合に合格した。「人の命を救いたい」。吉野ヶ里町。(電気科)

 武藤 圭汰(むとう・けいた)駅伝部。独学で国家資格「基本情報技術者」を取得し「やればできる」と実感。佐賀大で学び「情報技術の最先端を切り開く人材になりたい」。佐賀市兵庫町。(電子機械科)

 西久保 遼(にしくぼ・りょう)駅伝部主将。全国高校駅伝の1区を2年連続で務め、大学駅伝界の雄・青山学院大へ。「箱根駅伝など大学3大駅伝の優勝メンバーに入りたい」。佐賀市鍋島町。(電子機械科)

 高尾 魁世(たかお・かいせい)責任感の強さを買われて生徒会長に。「全生徒が協力してつくり上げた鳥栖工祭が一番心に残る」。坂口組に就職。「仕事を通して地域に貢献したい」。福岡県小郡市。(土木科)

 宮原 光輝(みやはら・こうき)美術部員で鳥栖工祭の応援席に飾るパネル制作や応援リーダーの法被を手がけた。大和ハウスリフォームに就職。「実家をリフォームし親孝行したい」。鳥栖市姫方町。(建築科)

定時制

 早田 和寿(そうだ・かずとし)接客のアルバイトと学校を両立。陸上部で活躍し県定通総体の走り高跳びで2位に。「北海道への修学旅行が楽しかった」。伊藤ハムウエストに就職。鳥栖市古賀町。(普通科)

 松ヶ野 海斗(まつがの・かいと)クラスのムードメーカー。陸上部では県定通総体の円盤投げと砲丸投げで優勝。「苦労もあったけど、友達と笑いながらの充実の4年間だった」。鳥栖市布津原町。(機械科)

 三瀬 聖司(みつせ・さとし)リーダー的存在。「アルバイトと学業の両立も、いい仲間がいて充実していた」。「第一種電気工事士」の国家資格を取得した。武井電機工業に就職する。上峰町。(電気科)

このエントリーをはてなブックマークに追加