専門家の相談ブースが設けられた士業バンク相談会=佐賀市の佐賀新聞社

弁護士や税理士、司法書士などの専門家が生活の悩みやトラブルの解決策を助言する「士業バンク無料相談会」(佐賀新聞社主催)が10日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれた。県内に事務所を構える14社がブースを設け、相続問題などについて専門的な助言をした。県内から約60人が参加した。

 今回で8回目。各専門家が30分間、個別の分野で熱心にアドバイスをした。税理士は確定申告や事業承継、弁護士は離婚や交通事故、司法書士は借金問題や成年後見制度、建築士は住宅トラブルなどの相談を受けた。来場者は一つの相談を複数の専門家に頼り、異なる角度から助言を受けていた。

 参加した鳥栖市の40代女性は生命保険の年金の税務上の処理について税理士に相談。女性は「税の計算方法などを詳しく教わった。申告書の書き方も親切に指導してもらい助かった」と話していた。

 また、津留保生税理士が「確定申告」について、中島嘉郎税理士が「事業承継」について解説するセミナーもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加