エレガンスの部決勝・チームK・K-永卓会SS ダブルスを制し、優勝に貢献したチームK・Kの中村茉央(左)・中村しずな組=基山町総合体育館

 トップクラスのエレガンスの部は、中学生の有力選手でつくるチームK・Kが前回覇者の永卓会SSを破って初優勝した。予選で敗れた強敵に決勝で雪辱を果たし、選手たちは「うれしさと驚きで胸がいっぱい」と喜びをかみしめた。

 第1シングルスの小林芽依(鬼塚)は攻守に奮闘。相手のサーブや返球が甘くなると、すかさず強打を放って試合の主導権を握った。野田良民監督が掲げる「攻めて勝つ卓球」を実践し、3-1で勝利を収めた。

 ダブルスの中村茉央・中村しずな組(川副・上峰)は、予選で敗れた相手ペアを3-0と圧倒。「相手がストレートに打ってきたらクロスに返球して揺さぶった」といい、後方から連続攻撃を仕掛けてくる相手に対し、台の手前に返球するなどしてミスも誘った。

 野田監督は「ベスト4が目標だったが、よく戦ってくれた」と選手たちの大躍進に目を細めた。

 

【予選リーグ】1グループ (1)永卓会SS4勝(2)チームK・K3勝1敗(3)佐賀商高B2勝2敗(4)佐賀清和高1勝3敗(5)永卓会MA4敗▽2グループ (1)佐賀商高A3勝(2)Hey!Say!2勝1敗(3)永卓会LS1勝2敗(4)オレンジクA3敗

 【決勝トーナメント】準決勝 永卓会SS2-0Hey!Say!、チームK・K2-0佐賀商高A

 ▽決勝

チームK・K 2-0 永卓会SS

 

このエントリーをはてなブックマークに追加