古陶磁にじかに触れて焼き物に関する知識を深める陶芸文化講座「古伊万里を触って見る」が3月2日、有田町の県立九州陶磁文化館で開かれる。所蔵の名品を学芸員の解説で身近に感じてもらう。

 古陶磁を手に取って見る時の扱い方や、染付など古伊万里の装飾技法について理解を深める。講座は午前10時~正午、午後2~4時の2回。定員は各20人。高校生以上が対象で、受講料は800円。

 申し込みは往復はがき(1人1通)で、往信裏面に郵便番号、住所、氏名、電話番号、午前か午後の希望を明記。返信表面には応募者の郵便番号、住所、氏名を記入。〒844―8585、有田町戸杓乙3100の1、九州陶磁文化館「陶芸文化講座」係に送る。

 締め切りは15日(当日消印有効)。応募多数の場合は初参加者を優先して抽選する。問い合わせは同館、電話0955(43)3681。

このエントリーをはてなブックマークに追加