ドラゴンクエスト4を求め店先には長い行列ができた=平成2年2月11日、佐賀市水ケ江のトポス

 若者に圧倒的な人気を誇るファミコン用ソフト「ドラゴンクエスト4」が全国一斉に発売された。佐賀県内でも取扱店の前に徹夜組も含めて長い列ができた。

 社会現象となる爆発的ヒットだった前作の「3」は1988(昭和63)年に発売。平日だったため小中学生が学校をさぼって買い求めたり、せっかく手に入れたソフトを脅し取られる「ドラクエ狩り」も続出した。その教訓から、4の発売は日曜日に設定された。

 佐賀市水ケ江にあったディスカウントストア「トポス」は店頭での混乱に備え、抽選券を発行。「早く並んでも同じです」の張り紙を出したにもかかわらず、午前8時すぎには約100人が列をなした。抽選券を100枚追加し1100枚用意したが、約1時間でなくなった。佐賀玉屋には徹夜組も含め約80人が並んだ。先着順に整理券を渡し、開店と同時に完売した。

 ドラクエシリーズは、プレイヤー自身が主人公となり、壮大な冒険を続けるロールプレイングゲーム。次作以降も対応するゲーム機を変えながら、その世界観を継承しヒットを続けた。昨年までにゲーム累計出荷・ダウンロード販売本数は7600万本を超える。(新元号まであと79日)

このエントリーをはてなブックマークに追加