やなせたかしさんの生誕100年を記念したイベントに登場した、やなせさんがデザインしたキャラクターの着ぐるみ=10日、高知県南国市

 国民的人気キャラクター「アンパンマン」の作者で、高知県出身の漫画家故やなせたかしさんの生誕100年を記念したイベントが10日、子ども時代を過ごした伯父の医院があった同県南国市で開かれた。医院跡地に整備された公園にファン約350人が集まり、やなせさんがデザインしたキャラクターの着ぐるみ19体と写真を撮るなどした。

 やなせさんの秘書などを務めた「株式会社やなせスタジオ」の越尾正子社長が「こんなに多くの人が集まるなんて、やなせ先生と高知県のつながりの強さを感じました」とあいさつ。地元の幼稚園児らが、やなせさんが作詞した童謡「手のひらを太陽に」などを披露した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加