佐賀の福祉について考えを深める催し「ふくしのこいし」が17日、小城市のドゥイング三日月である。「介護保険からの卒業」をテーマに、制度だけに頼らない福祉の新しいあり方を探る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加