サッカー・J1サガン鳥栖は9日、FCアシュドッド(イスラエル)から元U-21クロアチア代表のDFカルロ・ブルシッチ(26)を完全移籍で獲得したと発表した。鳥栖は現状、センターバックを担える選手が少なく、補強に踏み切った。背番号は20となる。

 ブルシッチはクロアチア出身。183センチ、73キロ。2007年に同国のU-15代表に選ばれ、13年まで7年連続で世代別代表を経験した。今季鳥栖に新加入したDFガロビッチとは同郷で同い年。

 ブルシッチはクラブを通じ、「サガン鳥栖サポーターの素晴らしい応援を背に、全試合全力でプレーすることを約束する」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加