■佐賀西

 古賀 かりん(こが・かりん)サイエンス部。全国総文祭の地学部門では奨励賞に選ばれた。国際的に活動するボランティアに興味があり、「世界で活躍できる人になりたい」。私立大文系を志望。佐賀市若宮。

 小林 芽生(こばやし・めい)陸上部。県高校総体100メートルで3位。文化祭では演舞のリーダーも務めた。国立大文系志望。生徒一人一人とフレンドリーに接することができる中学教師を目指す。鳥栖市村田町。

 北村 優宇人(きたむら・ゆうと)社会研究部でディベート選手権九州大会や全国高校生クイズ選手権に出場。祖父母が農業をしており、将来は「農業で佐賀に貢献したい」。国立大文系志望。佐賀市光。

 北島 侑和(きたじま・ゆうわ)サイエンス部部長。部活動で全国総文祭で文化連盟賞を受賞。研究者か科学の面白さを伝える「サイエンスインストラクター」を目指し、国立大理系を志望。佐賀市北川副町。

 尹 杰(いん・じぇー)社会研究部部長、生徒会副会長。地学五輪で金メダル、国際地学五輪でも県初の銀メダルを獲得。航空関係に興味があり「設計士になるのが夢」。国立大理系志望。佐賀市西与賀町。

 山口 大貴(やまぐち・だいき)勉強に力を入れ、特に物理が得意。分からない部分が多い宇宙分野に興味があり、国立大理系を志望。将来は「物理学に関わる仕事に就きたい」と望む。佐賀市水ケ江。

 香月 祥(かつき・しょう)文化祭で炎嵐委員長を務めた。大学で情報や経営学を学び、IT企業を立ち上げるのが夢。「周りから尊敬される大人になりたい」。国立大理系を志望。佐賀市嘉瀬町。

■唐津南

 伊東 克哲(いとう・かつのり)生徒会長を務め、多くの資格も取得した。「さまざまなことに挑戦して成長できたと思う」。夢は園芸関係の仕事で、南九州大環境園芸学部に進む。唐津市鏡。(生産技術科)

 古川 大悟(ふるかわ・だいご)農業クラブ会長で「虹の松原保全活動を通じて地域の人と交流し、唐津がもっと好きになった」。プロのドラマーを目指し、福岡の専門学校で学ぶ。唐津市菜畑。(生産技術科)

 渡邉 悠基(わたなべ・ゆうご)バドミントン部主将で県総体11連覇をけん引。「自分を含めチームの競技力アップに力を入れた」。西日本工業大工学部に進学し、競技を続ける。唐津市神田。(食品流通科)

 西 綾香(にし・あやか)課題研究で仲間と白いキクラゲの利用法に取り組んだ。「商品になり、挑戦が自信につながった」。西九州大健康栄養学部に進み、管理栄養士を目指す。唐津市山本。(食品流通科)

 松田 祐果(まつだ・ゆうか)農業クラブの意見発表で九州大会優秀賞。「3年間、意見発表が生活の一部だった」。パティシエの夢に向かって中村調理製菓専門学校で学ぶ。唐津市浜玉町。(食品流通科)

 佐伯 瑠香(さえき・るか)成績は常に学年上位。全国家庭クラブリーダー研修会には県代表で参加した。「とても充実した3年間だった」。西九州大看護学部で看護師を志す。唐津市原。(生活教養科)

 山口 真紀(やまぐち・まき)茶華道部員で、花の甲子園で2度全国大会に出場。「何事にも自信を持てるようになった」。インテリアデザイナーを目指して県立産業技術学院に進む。唐津市神田。(生活教養科)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加