久光製薬九州本社であった寄付金贈呈式

 久光製薬の役員と社員が社会貢献活動を支援しようと設立した「ほっとハート倶楽部」は6日、鳥栖市田代大官町の九州本社で佐賀、福岡両県を拠点とする15団体に活動助成として寄付金150万円(1団体10万円)を贈った。2018年度は2月中に北海道から九州までの55団体に計550万円を寄付する予定。

 贈呈式では、矢野栄・同倶楽部委員長があいさつ後、鶴田敏明取締役生産環境本部長が団体ごとに目録を手渡した。寄付を受けたのは「天然記念物えひめあやめ自然環境保全会」(佐賀市)や「牧島のカブトガニとホタルを育てる会」(伊万里市)などで、各団体の代表らはそれぞれに「活動資金には大変苦労している。とてもありがたく大切に使わせていただきます」などと謝辞を述べた。

 ほっとハート倶楽部は、同社の創業160周年記念事業の一環として設立。趣旨に賛同した役員と社員が会員となり、会員が毎月拠出した金額に、会社が同額を上乗せして基金を運営している。07年度の設立以来の支援実績は延べ390団体、総額3900万円(本年度贈呈分含む)に上る。

このエントリーをはてなブックマークに追加