唐津市の大志小3年生約80人が7日、唐津市北城内の埋門ノ館で、日本の伝統文化である能について学んだ。太鼓や笛の音の迫力を体感し、演目「猩々(しょうじょう)」も見物した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加