朝食喫食率100%を3年以上連続で達成し、表彰を受けた5校の代表者=県庁

 毎日朝ご飯を食べているかを数値化する「朝食喫食率」で、3年以上連続で100%を達成した小学校への表彰が8日、県庁で行われた。5校の代表者が賞状を受け取り、今後も毎日朝食をとって元気に過ごすことを誓った。

 小学5年生の朝食喫食率が対象。表彰される学校を集めての表彰式は初めて。7年連続を達成した平原小(唐津市)、馬渡小(同)、滝野小(伊万里市)と3年連続の若木小(武雄市)、脊振小(神埼市)の計5校が県教委から表彰を受けた。

 県教委の牛島徹保健体育課長は「朝食は勉強や運動を頑張る源になる。両親や地域の方に感謝して、これからも毎朝食べてほしい」と子どもたちに話した。

 受賞校を代表して馬渡小5年の坂田麻衣子さん(11)は「毎朝起きると母がつくってくれている。朝ご飯は心も体も温めてくれる大切なものです」と話し、今後も朝ご飯や昼の給食を毎日残さず食べることを約束した。JAバンク佐賀から5校に、子どもの健康を応援することを目的に佐賀県産米一俵(60キロ)が贈られた。

 2018年度単年で達成した小学校17校と中学校11校にも後日、県教委が表彰する。対象校は以下の通り。

 【小学校】勧興、芙蓉、松梅、富士、北山、大詫間(佐賀市)竹木場、切木、加唐、小川(唐津市)牧島、山代西(伊万里市)東川登(武雄市)塩田、大野原、大草野(嬉野市)仁比山(神埼市)

 【中学校】芙蓉、松梅、富士、北山(佐賀市)千代田(神埼市)馬渡、小川(唐津市)武雄北(武雄市)滝野(伊万里市)大野原、吉田(嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加