任期満了に伴う鳥栖市長選挙は10日、告示される。4選を目指す現職の橋本康志氏(63)=本町=と、新人で元市市民環境部次長の槙原聖二氏(54)=自民党推薦・萱方町=の2人が無所属で立候補を予定している。投開票は17日。

 市長選は過去3回、市を二分する争いとなり、いずれも橋本氏が、自民が推薦する候補者を破っている。今回は橋本氏と、元市職員の槙原氏による一騎打ちが予想される。

 橋本氏は国道3号の4車線化着工、九州国際重粒子線がん治療センター誘致など3期12年の実績をアピールする。

 槙原氏はさまざまな事業が停滞しているとし、対話と情報公開による30年先を見据えたまちづくりを訴える。

 両者の政策に大きな違いはなく、昨年12月に白紙に戻った鳥栖駅周辺整備の必要性については一致しており、どのような主張をするのかが注目される。

 立候補の届け出は10日午前8時半から午後5時まで市役所で受け付ける。期日前投票は11~16日の午前8時半から午後8時まで市役所で。投票は17日に23投票所で実施される。

 選挙人名簿登録者数は5万8206人(男性2万7700人、女性3万506人)=昨年12月16日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加