■太良

 森 颯斗(もり・はやと)生物科学部長。川を調査し不思議な生物に出会った活動が印象に残る。「一番の思い出は修学旅行」。将来はIT技術者を目指し、佐賀コンピュータ専門学校で学ぶ。嬉野市塩田町。

 

 副島 隆大(そえじま・りゅうだい)野球部主将。少ない部員数に悩んだが、チーム力向上に声を出した。「野球を通じて成長できた」。地元の川島金属に就職「夢は幸せな家庭を築くこと」。鹿島市山浦。

 

 鍬本 育美(くわもと・いくみ)クラスのまとまりを大事に、文化祭のダンス成功に率先して動いた。応援リーダー、台湾研修など多くの学びを得た。「接客が楽しみ」とグルメ杵屋に就職する。太良町。

 

 坂井 文音(さかい・あやね)吹奏楽部長。「心に響く演奏」をテーマに、部員たちと一生懸命練習した毎日は大切な財産に。西九州大健康栄養学科に進み、管理栄養士の夢を形にする。武雄市武雄町。

 

 片渕 拓美(かたふち・たくみ)半年間に及ぶ勉強でITパスポートを取得した努力家。全商1級3種目に合格し「支えを実感した高校生活」。エンジニアを目標に、KCS福岡情報専門学校に進む。白石町。

 

 森 奈千花(もり・なちか) 応援合戦で優勝。「リーダーの難しさや気持ちを伝える大切さを学んだ」。パソコン事務のスキルや資格習得のため、佐賀コンピュータ専門学校に進学する。鹿島市浜町。

 

 野田 柊斗(のだ・しゅうと)生徒会長で体育祭や文化祭の運営に全力疾走した。「生徒の代表として気を引き締めて取り組んだ」。弓道部副部長と学業も両立した。福岡県の占部組に就職する。太良町。

 

■弘学館

 

 杉山 優花(すぎやま・ゆうか)中学から入学し、たゆまぬ努力で成績は6年間トップ。寮のおいしい食事もパワーになった。京都大医学部を志望し「患者さんを包み込めるような大きな心の医師に」。熊本市。

 

 吉田 匡希(よしだ・まさき)文系で2年間トップの成績を収め、サッカー部副部長や生徒会役員としても活躍。「ひたすら勉強して、掲げた目標をやり遂げる強さが身に付いた」。東京大文系を志望。福岡市。

 

 山下 貴子(やました・たかこ)生徒会長、県海外使節団への参加と、アグレッシブに活動した。早稲田大文学部に進学し「語学を磨き、航空パイロットなど世界を舞台に活躍できる仕事が夢」。武雄市武雄町。

 

 岡 泰誠(おか・たいせい)持ち前のリーダーシップを発揮し、級長やサッカー部主将、体育祭の応援団長を務めた。「社会や国際関係の現状を発信できる仕事がしたい」と東京大文系を志す。福岡県久留米市。

 

 東島 立尭(ひがしじま・たつあき)化学や物理に高い関心を寄せ、難解な学術書を購入し“解読”にも挑戦した。東京大理科一類志望。将来は「研究職として新素材の開発などに携わりたい」。長崎県対馬市。

 

 中島 明日香(なかしま・あすか)勉強と部活に誠実に取り組む一方、文化祭でドラム演奏やアイドルの完コピダンスを披露。「人と動物の共生社会をつくりたい」と北海道大獣医学部を志す。佐賀市嘉瀬町。

 

 古舘 和典(ふるたち・かずのり)中学を含め6年間、自宅から通学しながら努力を続け、優秀な成績を収めた。東京大理科二類志望。「食虫植物などに興味があり、生物関連の仕事に就きたい」。吉野ヶ里町。

 

今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(敬称略)。あすは佐賀西と唐津南の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加