乳歯や親知らずの抜歯、矯正治療における必要抜歯など、歯科治療を受ける折に生じた抜去歯を預けておくことができる「歯髄バンク」というものができつつあります。将来思わぬ外傷や病気に遭って骨や臓器を損なうアクシデントにみまわれた時、バンクから自分の細胞を取り寄せて、失った組織を復元させる医療システムの実現に向けての取り組みです。

 この10年ほど「再生医療」という言葉を耳にすることが多くなりました。再生医療とは、失った臓器を細胞レベルから再生させる治療法です。山中伸弥教授が2012年にノーベル賞を受賞されて有名になったiPS細胞もこの分野の一つですが、iPS細胞は主に難病解明などの研究に用いられることが多いようです。また臍帯(さいたい)血バンクや骨髄バンクという言葉もテレビなどで耳にすることがあると思います。これらは主に白血病などの血液疾患の治療に用いられています。さて、今注目を浴びているのは、本人の身体から採取した細胞を変幻自在にさまざまな組織や器官に復元させていくという分野です。歯の神経(これを“歯髄”と言います)から培養される細胞は、再生医療の元になる細胞としてとても適していることがつきとめられました。他の器官から採取した細胞に比べて非常に高い増殖能をもっているという有利な性質があり、また自分の細胞を自分の身体に用いるという点で医学的にも安全です。さらに細胞を取り出すための特別な手術を必要とせず、普段の歯科治療を受ける折に細胞を採取できることも大きな利点です。

 身近な治療法になるには、まだまだクリアしなければならない課題がありますが、実現できるようになった時、このシステムを活用できるためには、乳歯の頃から歯を大切にしておくに越したことはありません。歯科医側も一日も早く患者さんに貢献できるよう、開発が進むことを願うばかりです。(すみ矯正歯科院長 隅康二)

このエントリーをはてなブックマークに追加