「思った形にはならなかったが捨て難い」と陶芸家が愛着を感じて手元に残している作品を集めた展示会「いとをし かたやぶれもん」が8日、武雄市の陽光美術館で始まった。11日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加